【供養について】

 一昔前は自宅に神棚や仏壇があり、お盆やお彼岸に家族でお墓参りに行くということを普通に行っていました。核家族化が進んだ今、当たり前だった供養の慣習を受け継いでいくことが難しくなってきています。お骨の行き先だけでも、石墓・納骨堂・永代供養墓・樹木葬・海洋散骨・手元供養・宇宙葬などの選択肢があります。これらのメリット、デメリットを考え、ご自身で決めていかなければなりません。


【お 墓】

「永代供養ってどういう意味?」

 

 永代供養とは、親族に代わって寺院が責任をもって永代にわたって供養と管理を行っていくことです。しかし、永代といっても永久に供養をしてもらえる訳ではありません。契約内容によって一定期間面倒を見てくれるものです。

 

 近年、お子さんがいない方やお寺との付き合いで子どもたちに迷惑を掛けたくないなどの理由から、永代供養墓に興味を示される方が増えてきました。しかし、一方でお墓はご先祖様に感謝ご供養し、家族の幸せや子孫の繁栄を願う大切な場所でもあります。手間や金銭的な面だけで永代供養墓にすることはおすすめできません。

 

 新しいお墓の形として、室内にお骨を収蔵する納骨堂が増えてきました。立地条件が良く、手ごろな価格帯などの理由から人気があります。また、墓石の代わりに樹木を墓標とした樹木葬も女性に人気があります。都市部では、草花で飾れれた庭園に埋蔵するガーデニング型の樹木葬が主流です

 

 終活相談室では、お墓や納骨堂のご紹介、お墓の引っ越しのご相談を承っています。また、諸事情によって行かれない方の代わりに代行お墓参りを行っています。


【散 骨】

「故人が好きだった場所に散骨しても大丈夫?」

 

 散骨はルールとモラルを守って行えば法的には問題はないとされています。ですが、どこにでも散骨できる訳ではありません。散骨の中でも最も一般的なのが海洋散骨になりますが、海水浴場や漁場などでは散骨することはできません。

 

 一方、陸上の散骨では樹木層が人気ですが、こちらはご遺骨を撒くというよりは地中に埋蔵するので、どちらかというと墓石のないお墓といったイメージになります。他にも山中に撒く散骨もありますが、他人の土地や民家、水源が近くにあるところでは散骨することはできません。

 

 散骨をする際は、ご遺骨を原型が分からないようパウダー状に粉骨してください。その上で、ご遺骨をすべて撒くのか一部を手元に残すのかを事前にご家族で話し合ってください。

 

 散骨に興味をお持ちの方に、東京近郊の海洋散骨スポットのご案内や手元供養品のご紹介をさせていただきます。


【お骨供養】

「そのうちやろうと思ってるけど、、、」

 

 現在、東京都内でご自宅に保管されているご遺骨が、推定で20万~50万柱あるといわれています。

 

 永代供養墓に合祀という方法でしたら、数万円から寺院にお願いすることができ、お盆やお彼岸、祥月命日にお経をあげて供養していただけます。

 

 ご自宅でご供養されている理由はさまざまだと思われますが、もしも保管が難しいと感じたなら、お気軽にご相談ください。 


【ペット供養】

  家族の一員であったペットが亡くなってしまった場合、やはり家族同様に供養してあげたいですね。ペット霊園や納骨堂、ご自宅で安置する手元供養が一般的です。最近ではペットと一緒に入れるお墓も造られています。

 

 世田谷区では、家庭で飼われていたワンちゃんやネコちゃん等の動物の死体は飼い主が処理することになっています。処理に困った時は有料で区の清掃事務所が収集し、その後、動物死体処理業者によって火葬・埋葬を行います。




【人形供養】

 ご家庭に処分できない人形やぬいぐるみはありませんか?

 

 お子様の成長を願って買われた人形や一緒に遊んだぬいぐるみ。愛着がこもっているため、ゴミとしては処分しにくいものをお焚き上げという形できちんと供養いたします。

※料金(東京都・横浜市・川崎市) 3,000円/ダンボール一箱分程度

 

 その他、思い入れのあるお品(仏壇・神棚・絵画・写真・衣類・寝具など)をお預かりし、感謝の気持ちを込めて丁寧に寺社にて供養いたします。

 

 令和元年10月6日、 明治神宮では年に一度の「人形感謝祭」(人形に感謝する会主催)がおこなわれます。

  人形感謝祭 

  日  程:10月6日(日) 

  受付場所:明治神宮 御社殿前

  人形受付:午前9時~午後3時 

  容  量:ダンボール一箱分程度

  初 穂 料 :3,000円から

  詳細はこちら


Impressions